バリアフリーで大切なこと

バリアフリーで何より大切なことは機能性です。デザインも大切ではありますが、機能性がとても大切です。良いデザインにしたものの、水がしっかりと出てこない、水圧が弱いので毎回ストレスになる、これでは意味がありません。クラシアンでは当然ですがバリアフリーの際、何を重視するのかといえば水回りをストレスなく利用出来るのかという点です。さらにはトラブルが起きないような環境をと考えているのです。言葉にするのは簡単ではあるものの、バリアフリーの際、水回りに関しての知識があるかないかによって、どのようなデザインになるのかまったく変わると言っても決して過言ではないのです。

クラシアンでは長年トラブルを回避していた実績があるだけに、何が良いのかという点を理解しているのはもちろんですが、クラシアンのある特徴のおかげで、多くの人がクラシアンでのバリアフリーに満足しているのです。それはお客さん目線です。クラシアンでは自らの事をクラシアン人と名乗り、何よりもお客さんのことを考えてくれます。

バリアフリーと言っても、お客さんが求める物はそれぞれ異なるのは当然です。どのような環境を求めているのかをしっかりとコミュニケーションを取り、その理想実現のためには何が必要なのかを考えている会社なのです。